暇つぶしニュース | 気になるあのニュースに裏側はあるのか?

物の見方って大事だと思いませんか?ニュースを暇つぶしだけに終わらせない視点があるとしたら。実は裏側に大事なポイントがあるとしたら。それを知ることで目の前の視野が広がると思いませんか?

相棒シーズン14は10月から。間もなくスタートですが

      2015/09/22

いよいよ10月から、待望の相棒シーズン14がスタートします。
aibou
番組は、テレビ朝日で毎週水曜日、夜9時から。
前回の相棒シーズン13の結末があまりにもショッキングだっただけに、今回の新シリーズ、シーズン14は特に注目が集まりそうですね。
さて、その相棒シーズン14ですが、話題はやはり水谷豊の相棒役である反町隆史の存在。
ドラマでは、冠城亘(かぶらぎ・わたる)として法務省のキャリア官僚役に挑みます。
これまでドラマ相棒の相棒は、過去3人とも警察官でしたが、今回は異色のキャリア官僚ということで、水谷豊演じる杉下右京との掛け合いが非常に興味深いところです。
 
ちなみに、これまでの相棒は
  初代・亀山薫(かめやま・かおる)役者は寺脇康文
  2代目・神戸尊(かんべ・たける)役者は及川光博
  3代目・甲斐享(かい・とおる)役者は成宮寛貴
そして今回
  4代目・冠城亘(かぶらぎ・わたる)役者は反町隆史
 
名前が、「か」で始まり「る」で終わる法則は継続中です。
 
aibou002
今回の役どころの設定は次の通り。
 
現場に興味があるという理由で、人事交流として通例の警察庁ではなく警視庁へ出向を希望したという変わり種の役どころです。
捜査経験はないものの、冠城亘に目を掛けている法務事務次官がいて、その人物を後ろ盾に多少の無茶も通してしまうという背景。クールな見た目とは別のしたたかさなどもありそう。
ちなみに頭脳明晰とのことで、水谷豊演じる杉下右京との頭脳対決というのも見どころになるでしょうか。
 
この話題性からドラマが始まる前から注目度は高いようですが、さすがに何年も続くドラマのストーリーがどのようなインパクトを与えてスタートを切るのか、新シリーズのデキを計るうえでも初回は見逃せないでしょう。
 
ドラマ相棒といえば脚本がしっかりしていて、配役も素晴らしいという点が特徴ではないでしょうか。
だからこそここまで何年も高い視聴率をキープし、再放送でさえも、他の新番組を蹴落とすほどの魅力を持っていると思います。
ただ、長年続けるということが、どれだけ大変かという面で、継続して高いポテンシャルを維持できるか、ということは非常に重要な課題といえます。
妥協されたようなドラマの内容になってしまうと、視聴者はすぐに見抜きますからね。
その点、視聴者の期待が大きいだけに、これまで以上に良い作品を制作していかなければいけないというプレッシャーと戦うことになるでしょう。

 - 相棒 , , ,