暇つぶしニュース | 気になるあのニュースに裏側はあるのか?

物の見方って大事だと思いませんか?ニュースを暇つぶしだけに終わらせない視点があるとしたら。実は裏側に大事なポイントがあるとしたら。それを知ることで目の前の視野が広がると思いませんか?

ギリシャ問題~ギリシャはデフォルトするのか、それとも

   

ギリシャ問題・駄々っ子が勝つ不平等はあるのか?

image
7月5日のギリシャ国民投票で、EUの緊縮策にNOとしたのが61%と、事前の予想を裏切る結果となりました。

大方の予想と反するこの結果は、最後はその国の人間、実際に生活している身でなければ分からない部分もあるということでしょうか。

15.5.14ギリシャ問題

ギリシャ現政権のチプラス首相は、国民投票の結果を受けて、強気です。

今回の国民の61%を見方につけて、EUと再交渉。

元々反緊縮派として当選し首相になった人物ですので、自分の主張が国民に受け入れられたと悠々としているのかもしれません。

そして早速、EUに対して新提案を出す予定です。
その内容は、債務減免要求とみられています。

もちろん、EU側は簡単に受け入れることはないとみられますので、交渉は時間を要するというのが大筋です。

結局、大きな解決にならないまま事態は先延ばしになるということかもしれません。

一部では、ギリシャのユーロ離脱も濃厚という話もあります。

一方、ユーロの代表格であるドイツやフランスは、厳格な態度を取りたいと思いながらも、内心ではギリシャのユーロ離脱を望まないという見方もあります。

ユーロ加盟の他国で危ない財政にあるいくつかの国に影響が及ぶ可能性があるからです。

例えば「我が国もユーロから離脱するぞ」という主張とともに自国に有利な条件を引き出そうとする国が出てきてもおかしくないからです。

ユーロから離脱する国が出るということは、ユーロの仕組みそのものが、崩壊に向かう可能性を秘めているということになります。

元々ユーロを良しとしない考えの立場も存在する中で、そのような議論に流れることは、現在のユーロ基盤を確立している立場からすれば、問題です。

丸く収めたい、これが本音の立場もあるということです。

4259b349a487aa04885a748508366844
駄々っ子が勝つ不平等はあるのか?

背景を踏まえて、まったくの0%ではないところが不合理です。

世の中に不平等は残念ながらあるものです。ただ、世界的な国と国の交渉や枠組みにおいて、誰の目にも不平等な形で終焉するのは問題ではないかと考えます。

結果としてギリシャがユーロにとどまるのが良いとするか、悪いとするかの問題ではなく、はたから見て理屈に通らないような結果は好ましくないということではないでしょうか。

世界的に注目を集める事態となったギリシャ問題ですから、特に明らかな不平等は避けて欲しいものです。

 - ギリシャ問題 ,