暇つぶしニュース | 気になるあのニュースに裏側はあるのか?

物の見方って大事だと思いませんか?ニュースを暇つぶしだけに終わらせない視点があるとしたら。実は裏側に大事なポイントがあるとしたら。それを知ることで目の前の視野が広がると思いませんか?

方言チャート100という、出身地を当てる道具が話題です

      2015/07/09

方言チャート100という、出身地を当てる道具が話題です。

hougen-tihou

このチャートと言われるツールは、東京女子大学の篠崎ゼミ9期生たちが作ったもの。
元々は、同ゼミの8期生たちが開発して話題となった「方言チャート 47都道府県版」があり、その進化版として9期生が作成したということです。
 
進化版としては、同じ都道府県内でも地域によって方言が異なることから、日本を100のエリアに分けて診断できるように改良しています。
 
 
方言を元に的中する確率は高いようで、「当たっている」という声が続出し話題になっています。
ただ、私が実際に試したところ、残念ながらハズレでした。
 
私は青森県出身ですが、方言チャート100の質問に答えて出てきた答えは、福島県のとある地域でした。
 
ちなみに、すぐあとに「方言チャート 47都道府県版」にトライした結果は、青森県で正解でした。
 
質問の内容はほぼ同じ。どの質問が違っていたのか?1つぐらいは違いがあったかもしれませんが、そういうレベルの違いでした。
 
それを考えると、ツールの判断基準にあいまいさがあるかもしれません。
 
とはいえ、遊び感覚で楽しめるツールとして、十分に楽しめるという点で素晴らしい開発物だと感じられます。
inaka-hougen4
 
方言自体が独特な言い回しであることから、ピンポイントで「この方言は特定の地域で使われている」という言葉がありますね。
 
その独特の言葉を使うかどうか、質問を繰り返して、答えを導き出すシステムになっているようです。
 
考えてみれば、一つひとつ、この方言は使う使わないか、YESとNOを繰り返すうちに、言葉と地域制を連動させる仕組みを作っておけば、判別が可能ということでしょう。
 
質問の数はそれなりに多くなりますが、それも楽しみの段階ということで、とても良い仕組みではないでしょうか。
 
方言というのは、私が高校を卒業して青森から東京に上京した当時は、“なまり”というのか、とても恥ずかしいものでした。
 
地方から都会に出てくる人間にとって、自己嫌悪になる可能性のあるものです。
 
ただ、方言そのものに愛着を感じられるような時代になったのか、今では一般的にもそれほど恥ずかしいものではないという認識でしょうか。
 
方言チャート100。なんだか、ほっこりする話題ですね。

 

 - 方言 ,